初めてのキャッシング利用方法

HOME > キャッシング > ブラックリスト

ブラックリスト

キャッシングでお金を借りた後、一回でも支払いを延滞し、保証会社のリストにその履歴が乗ってしまえば、次回のキャッシングは断られる可能性が高くなります。
いわゆるブラックリストにのってしまうということです。

このブラックリストは、ずっと死ぬまでブラックリストに載り続けるわけではなく、その延滞の支払いが終わってから約5年経過後に解除されることが多いようです。ずっとそのままですと、顧客が減ってしまうだけですしね。保証会社がそんな対応をしていたら世の中からお客さんがいなくなってしまいます。

言い換えると、一回でもキャッシングしたことがあるお客さんは、次もキャッシングする可能性が高いということです。

延滞した場合、ブラックリストに載せるのは債務不履行にならないため、つまり自分の会社を守るため、いわば商売のためです。

5年間というのは、延滞分を払い終え、そのお客さんが正常な経済状況になるまでおおよそそれぐらいの期間がかかるだろうと見積もっている期間です。

たった1回ブラックリストに載っただけで優良な見込み客を失うことは、会社の未来を失うことにもつながりかねません。だからブラックリストの掲載期間は有限となっています。

過去にブラックリストになっていても、今は解除されている方もいると思いますのでキャッシングをお考えの方は一度申し込んでみるのもよいでしょう。

INFORMATION
Copyright © 2009 初めてのキャッシング利用方法 All rights reserved